ムダ毛の自己処理で起こりやすい脇の黒ずみは脱毛前後のスキンケアの質を高める事で改善できます!

脇の黒ずみは、紫外線の浴び過ぎやアクリルや繊維素材のチクチクとした衣服との頻繁な摩擦で起こるケースも多いですが、女性に多い原因ワーストナンバー1はムダ毛の自己処理のし過ぎで生じるものです。

実は脇の皮膚は非常に薄く、何気に二度剃りしてしまうだけでも相当な肌ストレスが溜まります。

やがてダメージを受けた肌は少しでも外的刺激を防護しようと皮脂を多く出し、黒ずみの正体であるメラニン色素を表皮に覆ってしまうのです。

ですから、脇の黒ずみを上手く予防しながらムダ毛を正しく処理する方法としては、剃刀を使うなら毛流れに沿って1回きりの施術でササッと除毛し切る事が大切です。

ちなみに私はこのサイトで脇の黒ずみについて研究しました。

脇の黒ずみをとる方法はここから

4又、脇のムダ毛処理をする前は肌保護用のシェービングクリームを塗る人が多いですが、実は中身に油分が多く含まれていてメラニンが繁殖する原因にもなりやすいので、なるべく低刺激のワセリンを使うのが望ましいです。

ちなみに1回の剃毛で全てのムダ毛が除き切れなかった場合は、ワセリンをもう1度剃りたい箇所に多めに塗り、1回目の剃毛時と逆の毛流れの方向に処理すると綺麗に仕上がります。

自己処理した直後は、必ず黒ずみ対策として美白化粧水で毛穴を引き締め、美容液を浸み込ませたコットンを軽く脇に挟み、惜しみなく保湿をしてあげましょう。

脇のムダ毛処理は、女性が生きてる間は永遠のエチケットとして欠かせないものですが、間違った自己処理は黒ずみを温床させる原因にもなるので、早いうちから正しいケア方法を頭に叩き込んでおくのが一番です。

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*